Zaif

Zaif(ザイフ)の口コミや評判は?知らないと損する注意点まとめ

更新日:

取引手数料や取り扱いコインの幅広さ、積立など、たくさんのメリットが魅力で、ネット上の口コミや評判の高いZaifの取引所。

ただ使っている人が多い分、何かと話題にもなっている取引所でもあります。では、実際のところ、どうなんでしょうか?

ネット上の口コミや評判を分析して、実際のところどうなのか?知らないと損する可能性もある注意点なども一緒にまとめていきます!

Zaif(ザイフ)の良い口コミや評判とは?

まずはネット上のZaif(ザイフ)の良い口コミや評判からまとめていきます。

取引できる仮想通貨の種類が多い

coincheck(コインチェック)、bitFlyer(ビットフライヤー)に次いで取扱い通貨が多いZaifの取引所。

主要通貨以外のトークン(他の主要通貨のインフラを借りた二次通貨みたいなもの)も取扱いが多く、海外の取引所にまで手は伸ばしたくないけど、幅広い通貨を取り扱える取引所に登録しておきたい!というユーザーに好評なようです。

話題になっているイーサリアムも取り扱っている、ということで今後も幅広い取扱通貨は魅力となり続けるでしょう。取扱通貨は、以下の通りです。

  • ビットコイン(BTC)
  • NEM(ネム・XEM)
  • モナーコイン(MONA)
  • カウンターパーティー(XCP)
  • ビットクリスタルズ(BCY)
  • Storj(ストージ、SJCX)
  • フィスココイン(FSCC)

 

取扱い通貨国内No.1のcoincheck(コインチェック)は、大きな事件になってしまいましたからね。

次いで日本国内で有力な取引所である、Zaif(ザイフ)に期待するユーザーさんも数多いようです。

取引手数料が安い!

そして、ビットフライヤーは手数料が高い!という口コミや評判によって、Zaifの手数料が安く魅力が増している、というのが実際のところのようです。

このように、がっつり仮想通貨の取引を予定している方は、高い手数料でせっかくの利幅を食いつぶされないように、手数料の安いZaifを取引所として使う方が多いようです。

なんと言っても、仮想通貨としてはもっとも有名なビットコインの手数料がマイナス!取引すればするほどコインをもらえる!というのは他にはない魅力ですよね。

いつまでこのような手数料なのか、わからないので、早めに登録しておきたいところです。手数料を実際に調べてみたら、こんな感じでした。

  • (BTC/JPY): maker手数料 : -0.01% taker手数料 : -0.01%
  • (XEM/JPY): maker手数料 : 0% taker手数料 : 0.1%
  • (XEM/BTC): maker手数料 : 0% taker手数料 : 0.1%
  • (MONA/JPY): maker手数料 : -0.01% taker手数料 : -0.01%
  • (MONA/BTC): maker手数料 : -0.01% taker手数料 : -0.01%

コイン積立ができる

仮想通貨は、日々価格が変化している代物。一喜一憂していては、毎日の生活にまで影響しますよね。

仮想通貨の値上がりは魅力的だけど、そう言った気疲れで疲弊したくない!という方に、Zaifのコイン積立が人気のようです。

詳しい解説は割愛しますが、株式投資で見出された投資術「ドル・コスト平均法」というコンセプトに基づいた投資方法なので、経験も知識も不十分な状態で、どうすれば長期投資できるだろう?というかたにはオススメな方法と言えます。

このような声もありました。まぁ、仮想通貨も株式投資も、全て自己責任ですからね。

株式投資では中々一般人がお目にかかれない、拡大中の市場と、伸び盛りの通貨に手に届くのが仮想通貨の魅力です。そこでのローリスク・ローリターン投資は選択肢として十分有りなのではないか、というのが個人的な考えです。

Zaif(ザイフ)の悪い口コミや評判とは?

ネット上に良い口コミや評判がある一方で、少なからず悪い口コミや評判もあるようです。

本人確認書類の到着がおそい

Zaifは本人確認書類の郵送がとても遅く早くて一週間、遅いと一ヵ月かかったりします。

その間に買いたい通貨が高騰する可能性があるので早いうちに口座開設しましょう。

こんな声が数々、ネット上で噴出しているのがZaif(ザイフ)です。

実際、原因は色々あるようですが、こちらの記事が詳しくその辺を解説しています。

詳しくはこちらの記事で解説していますが、着々と会員数を増やしているZaif(ザイフ)なので、「本人確認が遅い!」という声がネットで噴出しているようです。

こちらの投稿で詳しく解説していますので、気になる方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

こんな声もあるので、だいぶ改善されているようでもありますけどね。

 こちらの記事が参考になります。

サーバーが不安定

Zaifは主要三つの取引所の中でも最も多くサーバーが落ちるようです。

サーバーは随時、メンテナンスや整備をしているようなんですがね(笑)流石に会員数が当初の想定よりも増えすぎ?なんでしょうか。

こちらの記事で原因を解説しています。

この辺が、注意が必要な部分。買いたいタイミングでサーバーが落ちるのは、変化が早い仮想通貨の世界においては非常にリスクですね。

ただ、株式投資で言うところの、デイトレーダーのような方でないし気にしない、と言う方もチラホラいるようです

こう言った時には、デイトレードの時でもちょっと困っちゃいますね。

複数の取引所に登録しておく、という対策もこう言った時に役に立つのでしょうね。

初入金からの出金制限やクイック入金の資金移動制限にひっかかってしまう

ネットでトラブルとなり、イライラを生み出しているのはこちら。

どうしても、仮想通貨によるマネーロンダリング対策は必要ですからね。

仕方がない面もあると思いますが、その内容はユーザーにとってわかりにくい説明文にも原因があるようです。

このトラブルに関しては、こちらの記事で詳しく検証して、解説しています。

ネットで色々調べてみると、原因も様々あるようです。1週間ほどおとなしく預けておく、というのも選択肢の1つなんですけどね。

Zaif(ザイフ)を使う前に知らないと損する注意点まとめ

最後に、これまでの口コミや評判からZaif(ザイフ)を使う前に知らないと損する注意点をまとめています。

本人確認書類がなかなか届かない

買いたいコインがあるのに、本人確認コードがないと何もできないのがZaifです。

ぜひ、こちらの記事を参考に、本人確認コードの認証を済ましておいてくださいね。

サーバーが落ちやすい

短期的に利幅を確保していくデイトレーダーには非常に不利な注意点かもしれません。

取引手数料の安さと、サーバーの落ちやすさ…どちらを取るかはユーザーさんの選択の問題ですね。

もっと時間をかければ、解決するのでしょうが…。

初入金からの出金制限やクイック入金の資金移動制限にひっかかってしまう

こちらは内容に詳しくなれば、避けられる問題もあるので、ぜひこちらの記事を参考に無駄に時間やお金を使うことがないよう、注意してください。

-Zaif

Copyright© BitWeather , 2018 All Rights Reserved.