ウォレット

MyEtherWallet使い方徹底解説!登録(作成)・送金・受け取り方法

投稿日:

myetherwallet

MyEtherWallet(マイイーサーウォレット)とは、イーサリアムやイーサリアム系トークン(ERC20準拠トークン)に対応した代表的なウォレットです。

安全性が高く、ブラウザで手軽に利用できるため、イーサリアムやトークンを保管する場合は、取引所ではなくMyEtherWalletを使ってみてはいかがでしょうか?

今回は、MyEtherWalletの代表的な使い方として、ウォレットの作成(登録)、送金、受け取り(入金)方法をわかりやすく解説していきます。

MyEtherWalletの登録方法

~注意~
MyEtherWalletの登録時のパスワード、ファイル等は、銀行の暗証番号に匹敵するほど、非常に重要なものになります。
すべて絶対に忘れないように保存すること、そして管理を徹底してください。

 

まずは、MyEtherWalletの公式サイトにアクセスしましょう。

myetherwallet

最初にアクセスすると、英語表記になっています。

右上の赤枠を「日本語」に設定しましょう。

 

ウォレットのパスワード設定

画面中央部にある赤枠のパスワードを入れ、「お財布(ウォレット)の作成」をクリックしてください。

~注意~
ウォレットは、資産を管理するための重要な財布になります。
パスワードはセキュリティを高めるため「乱数で20文字以上」にすることをおすすめします。
乱数生成は、LastPassのパスワード生成機能などを利用しましょう。
作成後、必ずパスワードを控えるようにしてください。

 

Keystoreファイル/秘密鍵の保存

パスワードを決定後の画面にて、次は、Keystore/JSONファイルと秘密鍵の保存を行います。

myetherwallet

赤枠の「ダウンロード Keystore/JSONファイル」をクリックし、Keystore/JSONファイルを保存します。

このKeystore/JSONファイルは非常に大事なファイルになりますので、しっかりと保存しておいてください。

ダウンロードが完了したら、「理解できました。続けます」を押して次に進みます。
 
myetherwallet

 

次に、赤枠内のように、自分の秘密鍵が記載されます。

この秘密鍵はとても大事なものになります。

自分だけが分かる場所に保存、もしくはパソコンに残さず紙媒体で保存するなどしてください。

 
秘密鍵の保存が完了したら「アドレスを保存してください」をクリックします。

 

お財布(ウォレット)をアンロック(解除)する

最後に先ほど入手した「Keystore/JSONファイル」または「秘密鍵」でをアンロックします。

 

今回は秘密鍵を赤枠に入力してウォレットをアンロック(解除)しました。

これでマイイーサーウォレットの作成は完了です。

 

ログインしてアドレスや残高を確認する

上部メニューの「お財布情報を見る」をクリック

 

Keystore/JSONファイル、または秘密鍵を入力してウォレットを開きます。

アドレスや残高の確認画面が出てきます。

① 自分のアドレス

② 秘密鍵

③ アカウント残高
…EHTの残高になります。

④ トランザクション履歴
…https://etherscan.io にて、自分のアドレスの取引履歴が見れます。

⑤ トークン残高
…「Load Token Balances」や「Show Tokens」でETH以外のトークンの残高が確認できます。

 

ウォレットは何個でも作成して、用途に合わせて使い分けることができます。
繰り返しになりますが、作成したウォレットのファイルやパスワード、秘密鍵は必ず保管しておきましょう。

 

MyEtherWalletの送金方法

画面上部の「Ether/トークンの送出」をクリックします。

「Keystore/JSONファイル」または「秘密鍵」で開きます。

 

MyEtherWalletのEther/トークンの送出画面に切り替わります。

宛先アドレス

送出数量

ガスリミット
※自動調整された値の2倍~3倍の設定がおすすめ(後ほど解説)

通貨の選択

を入力していきます。

内容を確認し、「トランザクションを生成」をクリック。

「トランザクションの送出」というボタンが出てくるのでクリックします。

最終確認画面に切り替わりますので、「はい、確かです。送出を実行します」をクリックして送金完了となります。

 

ガスリミットの価格と送金失敗について

ガスリミットはイーサリアムやトークンを送るための手数料(燃料)のことです。

送金するイーサリアムやトークンの量によって自動で調節されますが、個別で設定が可能です。

 

ガスリミットが低いと送金が失敗することがあります。


画面下にこのような赤色の帯が出てきた場合、送金できていません。

送金に失敗する場合は、ガスリミットを自動調整された値の2倍~3倍に設定することで送金が成功しやすくなります。

無事に送金できると画面下に緑色の帯が出てきます。

緑色の帯の「Verify Transaction」をクリックすると、トランザクションの処理を確認できます。

緑のチェックマークがついていれば送金完了となります。

失敗している場合は、注意マークがつきますので、ガスリミットの値を高くすることで送金が成功しやすくなります。

 

※イーサリアム系カスタムトークンも同様のやり方でMyEtherWalletから送金可能です。
トークンの詳しい送金方法、受け取り方法はこちらの記事で解説しています。
MyEtherWallet(マイイーサウォレット)カスタムトークンの追加・送金・受け取り方法を徹底解説!

 

MyEtherWalletの受け取り(入金)方法

MyEtherWalletのアドレスは画像の2か所に表示されています。

・自分のアドレス
・ウォレットアドレス
この2つは同じものになります。

 

今回は例として、MyEtherWalletのアドレスへコインチェックからイーサリアムを受け取り(入金)したいと思います。

コインチェックの送金画面からMyEtherWalletのアドレスを記入していきます。


 

MyEtherWalletのアドレスは、「MyEtherWallet」が対応している全通貨共通アドレスになります。
イーサリアム、イーサリアムクラシック(ETC)やICOなどを含むイーサリアム系カスタムトークンもすべて同じアドレスで入金できます。

カスタムトークンの詳しい送金方法、受け取り方法はこちらの記事で解説しています。
MyEtherWallet(マイイーサウォレット)カスタムトークンの追加・送金・受け取り方法を徹底解説!

 

MyEtherWalletの基本的な使い方、登録(作成)・送金・受け取り方法は以上となります。

-ウォレット

Copyright© BitWeather , 2018 All Rights Reserved.