GMOcoin

GMOコインの評判や口コミは?知らないと損する注意点まとめ

投稿日:

GMOコイン株式会社は、インターネット関連事業を行う東証一部上場会社GMOインターネット 株式会社のグループ会社です。

GMOインターネットグループは「GMOクリック証券」などで、ネットにおける金融商品取引事業の経験を活かし、2017年5月31日から仮想通貨取引所のサービスを展開しています。

GMOコインのサービス内容はどうなのか?GMOコインのメリットとデメリットをTwitter上の評判や口コミを元にまとめてみました。

FX最大手のGMOがビットコイン売買に参入してくると発表された時は大きな話題となりましたが、 現在そのサービス内容はどうなっているのか?

GMOコインのメリットとデメリット、 利用に当たって注意しておかないと損をしてしまうポイントをTwitter上の評判や口コミを元にまとめてみました。

GMOコインの良い評判や口コミとは?

まずは、GMOコインの評判や口コミが良かった点についてご紹介します。

以前のGMOコインはアルトコインのレバレッジ取引が25倍までできる、というまさに「一攫千金を狙える!」という独自の売りになるようなサービスがありました。

 しかし今はレバレッジ取引は5倍までの制限になってしまっています。そのため、特に目立つメリット としては以下の2点になります。

  • 様々な手数料が無料
  • アプリが使い易い

それでは詳しくみていきましょう。

様々な手数料が無料

GMOコインは日本円の入出金、仮想通貨の入出金、仮想通貨現物売買の取引手数料、仮想通貨のFX決済、ロスカット注文などにかかる手数料が無料です。(振込入金に伴う振込手数料は負担)

このため、頻繁に取引をするという方にとっては、メリットが大きい取引所です。

アプリが使いやすい

多くのユーザーから評判がいいのが、GMOコインのFXアプリ「ビットレ君」の使いやすさ、便利さです。

直感的に操作できたり、取引成立にはいくつかの入力をするだけという使いやすさ、チャート機能が充実している、というところが魅力的のようです。

チャートを見るためだけにアプリをダウンロードする、というユーザーも少なくないようですね。

特に四六時中相場をチェックしている人はまだしも、サラリーマンや主婦など空いた時間で取引したい人はスマホで取引できた方が圧倒的に便利です。

自分の売りたいとき、買いたいときのタイミングを逃さないのも当然ですし、高いレバレッジで取引してる時って外出している際に確認できないと、気が気じゃなくなってしまう時もあります。

トレードには精神の安定も大きく関係してきますので、 いつでもスマホで簡単に確認でき、しかも実用的にビットコインFXができるのは大きなメリットと言えます。

この点は、さすが「GMOクリック証券」を運営している「GMOグループの強み」といったところでしょうか。

GMOコインの悪い評判や口コミとは?

サービス開始当初は人気 があったGMOコインですが、正直なところ、悪い評判や口コミもチラホラありました。

その中でもTwitter上での評判や口コミが悪かった以下の3点をご紹介します。

  • スプレッドが急拡大する
  • 買いたい時に買えない&売りたい時に売れない
  • 儲かると口座が凍結する

詳しくみていきましょう。

スプレッドが急拡大する

GMOコインは取引所ではなく、販売所になります。 基本的に取引所で売買するよりも割高になる傾向があります。

これは販売所には通常、取引手数料の他に「スプレッド」という実質的な手数料が存在し、GMOコインの場合は最大スプレッド制限を設けていないので、5,000円、10000円と急激に拡大します。

GMOコインのスプレッドは取引量が多い場合に拡大し、取引量が少ない時には安くなり、 現状は取引量が多く、3万円ほどのスプレッドが多く見られます。この部分がネックで敬遠するユーザーも少なくありません。 この部分がネックで敬遠するユーザーも少なくありません。

特に売買を頻繁に行うユーザーにとったは不利な条件になってしまうでしょう。

買いたい時に買えない&売りたい時に売れない

急激な値動きが有った場合、GMOコインでは買い規制をかけて購入できなくする仕組みを取っていました。

1日1銘柄ならまだしも最近ではビットコイン以外の4銘柄でも買い規制がかかるようになったようです。

しかも規制解除後は当然ユーザーの注文が殺到するので再度規制がかかるなど、まともに売買が出来ない状況になっていました。

しかも、相場が大きな下落を始めると今度は売り規制を発動して、手持ちの通貨を売れない様にしました。

損切りをしたいユーザーにとってはかなり不安な時間になるでしょう。上がりそうになったら買い規制して、 下がりそうになったら売り規制する・・

現状GMOコインは欲しい時に買えない、売りたい時には売れない・・なんて状況になっているようです。

儲かると口座が凍結する

稼ぎ過ぎると「当社利用規約(基本約款第17条第1項第12条)への抵触」しているとのことでアカウント停止処分をくらってしまった人もいるようです。

自動売買を行っているアカウントを対象にした凍結しているのか?と思いきや、 普通にトレードをしていて利益を上げているユーザーも急に凍結を食らっている様です・・。

どうやら、GMOコインでは取り引きを通じて大きく利益を得た人が 凍結される事態が続出しているようです。

どれくらいの金額でBANされるのかは定かではないですが、Twitter上のコメントを見る限りでも、結構な人が被害にあっているかと・・。

FXは証拠金取引という仕組み上、「ユーザーが儲かる=業者が損する」という構図になっているので、GMOコイン側の利益を優先して、強いトレーダーを弾き出したのでは?という推察まで でています。

一体どれくらいの金額でBANされるのか?それは定かではないですが、Twitter上のコメントを見 る限りでも、結構な人が被害にあっているかと・・。

ちなみにGMOクリック証券でもBAN祭りが頻繁に開催されていることは有名です。ん〜取引所なのに、儲かったら口座凍結される、というのはたまったもんじゃない感がすごいですね。

GMOコインを使う前に知らないと損する注意点まとめ

GMOコインを利用する場合には、スプレッドが急拡大したり、頻繁に売り&買い規制がかかる事、儲かると口座の凍結をされてしまうなど、

利用に当たっては十分に注意しておかなけれ ばならない点もあるので、大口での取引をする場合などには注意が必要かもしれません。

最後に対策をまとめておきたいと思います。

スプレッドが急拡大

スプレッドの拡大が大きなネックで、敬遠するユーザーも少なくありません。

正直、急激なスプレッド拡大にはGMOコインの利用については、 大きなリスクを感じずにはいられません。

頻繁に売買をするユーザーは、他の取引所も併用して値動きに合わせて、売買する取引所を選べるようにしておくのがオススメです。

儲かると口座が凍結される

大きな利益を出すと、アカウントの停止がおこりサービスを利用できないという事態が 起こっています。(BAN祭りと揶揄されるほど)

少額の取引であれば問題ないのですが、 これはGMO側に有利すぎる対応と言わざるを得ません。

GMOコインは、少額で取り引きする人や、便利なアプリを使用したい人にはオススメです。

買いたい時に買えない&売りたい時に売れない

相場の急激な動きによって、買い&売りの規制が頻繁に起こってしまっているのが現状です。

GMOコインは、損切りをしたい時に売り規制が入り売れない・・なんて状態になってしまっても困らないような長期保有の方にオススメです。

-GMOcoin

Copyright© BitWeather , 2018 All Rights Reserved.