DMM Bitcoin

DMMビットコインは口座開設が遅い?審査日数や登録できない時の対処法

投稿日:

いつまでたってもDMMビットコインの審査が完了せず取引できない!

さんざん待たされた挙句にDMMビットコインの審査落ち!

などの不満が多く報告されています・・。

なぜ、DMMビットコインは口座開設が遅いのでしょうか?そもそも審査日数はどのくらいの期間で、登録できない理由が何かあるのでしょうか?

今回は、DMMビットコインで口座開設がスムーズにいかない方は、当サイトの対処法を参考にしていただければ、仮想通貨の取り引きをいち早くスタートさせることができます。

DMMビットコインは口座開設が遅い理由は?

DMMビットコインは、あのDMMグループが運営する仮想通貨取引所で、2018年1月にオープンしたばかりの新しい取引所です。

タレントのローラさんを起用して、バンバンCMを流しているので、仮想通貨取引をしていなくても知っている人が多いのではないでしょうか?

 

ただ、DMMビットコインは、口座開設が遅いのが難点と言われています。

 

口座開設が遅い理由は、その人気と将来性の高さゆえに、新規ユーザーの申し込みが殺到してしまっているというのが、一番大きな原因といえるでしょう。

DMM.comはゲームや電子書籍、FXなど幅広いジャンルのネット販売を手がける日本の超大企業です。なかでもDMM.com証券に関しては、日本でFX口座数第1位であり大きなシェアを誇ります。

運営母体が不明な取引所が多数存在し、取引所が仮想通貨や金銭の紛失など多くのトラブルが発生している現状で、取引所の信頼性はとても大事な要素になります。その安全性に期待を寄せるユーザーも多くいます。

また、先ほどもお話した通り、DMMでは為替FXの取引や株の実績が高く、特にFX口座数は日本第一位となっています。そのプラットフォームやシステムを受け継いだ取引方法は非常に使い勝手もよく、スマホアプリの使いやすさには定評があります。

このような「大手の安心感」+「使いやすさ」に加え、様々な取引手数料が無料ということもありますし、さらに新規口座開設したユーザー全員に1000円をプレゼントするといった入会キャンペーンを行なった結果、開始わずか1ヶ月あまりにも関わらず、新規ユーザーの申し込みが殺到しDMMビットコイン側の対応が全く間に合わない状況で、審査の遅れが起こっていると考えられます。

おそらく、まだ開設して1ヶ月程度という事もあり、サポート体制の充実も、まだまだこれからといったところなので今後もしばらくはこの状態が続くと思われますが、実際のところ、申し込みから審査が完了し、取引ができるようになるまでに、どれだけの日数が必要なのか?Twitter上での口コミを元に調べてみました。

DMMビットコインの口座開設の審査日数は?

では、Twitter上の口コミを元に審査完了までの日数を調べてみたのですが、その日数にはかなりバラつきがあるようです

こちらの方は、申し込みから一週間で審査が完了したようです。こちらはTwitter上でも、審査完了がかなり早かったケースといえます。

郵送書類の到着に2日間程度かかる事を考えると申し込みから、利用出来るようになるまでに「9日間」といったところでしょうか。

こちらの方は、審査完了まで二週間かかったとのこと。でも、確かに「口座申込簡単5分」なんて表記があると、無意識で「すぐに使う事ができそう」といった期待や予想をしてしまうものですよね。

それで蓋をあけると、二週間待ちというのは、期待を裏切られたような気持ちにもなりますよね・・。

審査完了まで40日、、、これはTwitter上の口コミの中でも、かなり日数のかかったケースといえます。

もちろん、審査に落とされてしまうケースもあります。

しかし、申し込みから約20日も待たされた挙句に審査落ちというのは、長い間待たされたユーザーの気持ちを考えると、怒りがこみ上げてくるのも理解ができる気がしますね。

このようにTwitter上での口コミをみると、審査完了までに早くて1週間〜2週間といったところです。

 

審査完了には1ヶ月くらいかかったという報告も多くありますし、中には40日もかかってしまった。なんてケースもあります。もちろん、散々待った挙句に、「審査落ち」なんてケースもあります。

DMMビットコインの審査は、申し込みのタイミング次第で、最短で1週間、長くて30〜40日くらいの期間(それでも審査落ちするケースがある)と、あらかじめ想定しておいて、申込みをするのが良いと考えられます。

DMMビットコインに登録できない時の対処法

現在、DMMビットコインでは公に、「新規口座開設受付の停止」を発表はしておりませんが、審査に時間がかかる、あるいは、散々待たされて「審査落ち」になり、申し込み過多で断っただけでは?といった疑いをもつケースもあるようです。

もし、いつまでも審査が完了しない!取引ができない!審査に落ちてしまった!という場合がありましたら、以下の取引所への登録を進めてみてはどうでしょうか?

Zaif(ザイフ)へ口座開設

Zaif(ザイフ)は2015年3月4日にオープンしたビットコインをはじめとする仮想通貨/暗号通貨の取引所です。日本のテックビューロ株式会社により運営されています。

今はCMに女優の剛力彩芽さんを起用していることでも有名ですね。

Zaif(ザイフ)を利用する上でのメリットとしては、取引手数料が安い、取り扱いの通貨種類が豊富、毎月1定額をコインで積み立てることができる「コイン積立」がある点です。

ちなみに買付けは自動的なので買い付けのタイミングをはかったり取引所の注文を管理したりという手間はかかりません。

bitFlyer(ビットフライヤー)へ口座開設

bitFlyer(ビットフライヤー)は、国内でのビットコインはもちろんこと、ビットコインFXでは世界一の取引量となっていて世界的に有名な仮想通貨取引所です。

ユーザー預かる資産の安全性向上のため、2種類の損害保険を大手保険会社と契約していることなどの理由から安全性が高く、さらに、SMBCベンチャーキャピタル、みずほフィナンシャルグループ、三菱UFJキャピタルとい う日本3大メガバンクを筆頭に、SBIインベストメント、GMOベンチャーパートナーズ、電通デジ タルホールディングスなど、名だたる大企業が大株主になっている部分は非常に安心できるポイントです。

また、取引量が多いと価格も安定しやすいので、暴騰、暴落といったリスクを最小限にして取引をすることができるのも魅力の一つです。

BINANCE(バイナンス)へ口座開設

BINANCE(バイナンス)は、香港に本拠をおく、海外の仮想通貨取引所ですが、、まだ取引所ができて間もないものの、登録者数は300万人突破をしました。国内大手取引所のbitFlyer(ビットフライヤー)が100万人突破を発表したばかりですから、 その人気っぷりが分かりますね。

また人気があるだけでなく、1日に4400億円近く取引されている、世界最大級の取引所でもあるの で、取引所としての実力もあり、価値の安定性も高く、安全な取引きが出来るといえるでしょう。

さらに、取り扱い通貨の種類も100以上と半端じゃありませんし、あらかじめビットコインを預けておくとビットコインが分裂した際に、新たに誕生したコインを無料で配布してもらえるという魅力的なサービスもあります。

DMMビットコインの口座開設まとめ

審査完了が遅い!と評価されているDMMビットコインではありますが、ユーザーが殺到している事が原因であり、それは人気の裏返しでもあります。

DMM.comはFXなど幅広いジャンルのネット販売を手がける日本の超大企業であることも大きな安心感がありますし、DMM.com証券において、日本でFX口座数第1位になるノウハウを使った使いやすさは評価が高いです。

安全性、使いやすさは、今後仮想通貨取引を始める方にとって大きなメリットになるでしょう。

また、今後取引量が多くなるという事は、通貨価値の安定にもつながりますので、リスクを最小限安全に取引ができる事にもつながります。

口座開設は時間はかかりますが、(タイミングにより1週間〜30日)登録は自体はできます。

今人気の仮想通貨取引所では新規口座の開設を停止しているところもありますので、登録を先延ばしにして、気づいた時には登録できなくなっていた、、、なんてことが無いように今のうちに登録をしておくことをおすすめします。

-DMM Bitcoin

Copyright© BitWeather , 2018 All Rights Reserved.