DMM Bitcoin

DMM Bitcoinの良い評判評価や悪い口コミとは?知らないと損する注意点まとめ

投稿日:

DMM Bitcoinとは2018年1月11日に新しくオープンした日本の仮想通貨販売所です。
DMMグループは「DMM FX」など既に金融系のサービス展開もしているため期待をしていた方も多いかと思います。

  • オープンから1ヶ月たった今、実際のところサービスはどうなのか?
  • どん なメリットがあってどんなデメリットがあるのか?

利用にあたっての注意事項は? などの情報を、実際のユーザーからの声を元にまとめてみました。

DMM Bitcoinの良い評判評価とは?

まずは、DMMBitcoinの評価評判が良かった以下の3点をご紹介します。

  • 唯一アルトコインのレバレッジ取引ができる
  • 出金手数料が無料
  • スマホアプリが使いやすい

一つずつ詳しくみていきましょう

唯一アルトコインのレバレッジ取引ができる

「アルトコイン」とは、ビットコイン以外の仮想通貨の総称です。アルトコインの魅力といえば、大きな利益を上げられる可能性があることです。

ご存知の通りアルトコインは値動きがかなり激しく、ネムやリップルもこの数ヶ月で軽く10倍になっています。ところが国内の取引所では今まで、アルトコインの取引所がほとんど取扱がありませんでした。

そんなアルトコインで唯一レバレッジ取引ができるのがDMMBitcoinです。そこに魅力を感じ、利用するユーザーも多くいます。

国内取引所で取扱いがあったとしてもビットコイン(BTC)のみや、イーサリアムのビットコイン建 取引(ETH/BTC)など、非常に限定されたものでしたが、 DMM Bitcoinのではアルトコインのレバレッジ取引が以下の6種類でできるのです。 これはDMM Bitcoinならではの最大の特徴です。

  • イーサリアム(ETH)
  • ゼム(XEM)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)

特に日本で人気のリップルなどは、はじめてレバレッジ取引ができるようになりました。 価格変動が大きいというリスクはあるもの夢のあるアルトコインで唯一レバレッジ取引ができるという部分に魅力を感じDMMBitcoinを利用しているユーザーも少なくありません。

 

出金手数料が無料

別の仮想通貨販売所で出金手数料に不満を感じていて、DMMビットコインへの登録を検討している方もいます。

「取引手数料が無料」というのは業界ではめずらしくないですが、DMMBitcoinで特筆すべきは日本円の出金手数料が無料であることです。

取引所によっては出金手数料が700円以上かかったりするので、 頻繁に資金を出し入れする人はこれだけでかなりお得になるはずです。

ちなみにレバレッジ取引は決済せずに翌日まで持ち越してしまうと、0.04%/日の手数料が発生し てしまうので注意しましょう。

 

スマホアプリが使いやすい!

DMM Bitcoinの使いやすさは多くの人が実感しているようで、「使いにくい」など、悪い評価のツイートはほとんどありませんでした。

実際、使い方などのサイトを見なくても、感覚的にすぐに使いこなせてしまいますので、

  • 仮想通貨取引でアプリを使うのに慣れてない
  • 仮想通貨FXに初めて挑戦する

という人でも安心です。動作もサクサクしているので読み込み時間で待たされたりとストレスを感じることもありません。

また、すべてのポジションを同時に決済する「一括決済ボタン」があるのもポイントです。

これで急な相場変動などがあった時に素早く対応することができます。

とくに、四六時中張り付いているわけにはいかない、サラリーマン等の方にとっては、すぐにス マホで値動きを確認できるというのは、とても便利ですし、精神的にも落ち着く事ができるのではないでしょうか?

また、すでにFXなどにも進出しているだけあってトレード画面がとても使いやすいのも特徴の一つです。

というのも、チャート、注文画面、価格一覧など数あるウィンドウの中から、自分の好きなもの、必要なものだけを画面に広げてトレードすることができます。

初心者の方は最小限の情報にとどめて取引できるし、上級者であればチャートをならべてがっつりトレードをするなど、自分の使い方に合わせて自由にカスタマイズする事ができるのです。

DMM Bitcoinの悪い口コミとは?

次に、DMMBitcoinの評価評判が悪かった以下の3点をご紹介します。

  • 取引所がなく、販売所しかない
  • 現物銘柄が2つしかない
  • スプレッドが広い

一つずつ詳しくみていきましょう。

取引所がなく販売所形式しかない

仮想通貨を安く買うなら、 「取引所」 を使うのが一般的なのですが、DMMBitcoinには 取引所がなく、販売所しかありません。

「販売所」 はどうしても、販売元に手数料が多くとられ てしまうので、そこがネックになり敬遠する方もいます。

現物銘柄が2つしかない

DMMBitcoinでは、現物取引ができるのがビットコインとイーサリアムの2つだけとなっています。

レバレッジ取引を魅力に感じる人もいる一方で、ただでさえ価格の上下が激しい仮想通貨で行うにはギャンブル要素が強いのも事実、、、

そのリスクを考え現物取引を行いたい方にとっては敬遠される理由の1つになっています。

レバレッジ取引のスプレッドが広い

ユーザーの中で特に多くの不満が上がっていたのが、このスプレッドの広さです。

スプレッドとは取引所が設定している購入価格・売却価格と相場との差(ずれ)の事を言います。

中には100万円で12万円を損するようなケースも、、、 このようなスプレッドの広さに、登録したものの利用を諦める人も、、

 

DMM Bitcoinを使う前に知らないと損する注意点まとめ

以上がDMMBitcoinユーザーのTwitterで多くあった評価評判で使用する際の注意すべきポイントです。 

アルトコインの種類が豊富でレバレッジ取引が出来る、手数料無料など のメリットもある反面、販売所形式だけで、取引所がない、現物取引できる銘柄が2つしかない特徴があります。

 レバレッジ取引でのスプレッドが広い、といった注意点も存在しますのでこういった面も含め たうえで、自分の使い方にマッチするのか?を見極めて使用をして下さい。

 

取引所がなく販売所形式しかない

通常コインを購入するのは取引所で行うのがベターなのですが、 DMMBitcoinは「販売所」という形式だけで「取引所」が無いので、 仮想通貨の購入はどうしても割高になってしまいます。

そのため、頻繁に取り引きをする人よりも長期的に仮想通貨を保有したい人におすすめの取引所です。

現物銘柄が2つしかない

DMMBitcoinで現物取引ができるのでは、現状ビットコインと、イーサリアムの2つだけになっています。

その為、値動きの大きいアルトコインでの レバレッジ取引がメインになってしまうので、ギャンブル要素が強いです。そこにリスクを感じてしまう方にはおすすめできません。

レバレッジ取引のスプレッドが広い

ここがTwitter上でもユーザーから一番の不満が多かったポイントです。なかには100万の取引で12万損した、、 なんてケースもあるようなので、取引のタイミングなどには十分注意が必要です。購入のタイミングには十分に注意しましょう!

以上のメリット、デメリットを検討した上で、自分のスタイルに合うかどうかを判断して利用される事をおすすめします。

-DMM Bitcoin

Copyright© BitWeather , 2018 All Rights Reserved.