bitFlyer

bitFlyer(ビットフライヤー)の評判や口コミは?知らないと損する注意点まとめ

投稿日:

もし自分が使っている仮想通貨取引所が破綻してしまったら?

これは仮想通貨取引をする上で、誰しもが不安に感じてしまうポイントですよね?

2014年2月にマウントゴックス社で115億円相当の仮想通貨(現在の価値に換算するとおよそ 500億円)が消失するという事件があり、(実際は内部の横領が原因だった)多くの方が損害を被りました。

銀行の場合は、法律によって1000万円までは返還されますが、仮想通貨取引所に関してはせいぜい100万円の保証が上限になるので、破綻した場合はほとんどの資産がなくなっ てしまいます。

このような仮想通貨所の経営破綻によるリスクと不安を最小限にできるのが bitFlyer(ビットフライヤー)です。

bitFlyer(ビットフライヤー)は、国内でのビットコイン取引量が日本一、ユーザーの預かる資産の安全性向上のために2種類の損害保険を大手保険会社と契約していることなどの理由から安全性が高く人気の高い取引所です。

さらに、SMBCベンチャーキャピタル、みずほフィナンシャルグループ、三菱UFJキャピタルとい う日本3大メガバンクを筆頭に、SBIインベストメント、GMOベンチャーパートナーズ、電通デジ タルホールディングスなど、名だたる大企業が大株主になっている部分も安心できるポイントです。

そんなbitFlyer(ビットフライヤー)について、実際のところどうなのか、口コミや評判は?

bitFlyer(ビットフライヤー)を利用する際には何を注意しておかなければいけないのか、ポイントをまとめてみました。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

bitFlyer(ビットフライヤー)へ登録する

bitFlyer(ビットフライヤー)の良い評判や口コミまとめ

まずはbitFlyer(ビットフライヤー)の良い評判と口コミをまとめてみました。

bitFlyer(ビットフライヤー)の利用者の良い口コミや評判は、大き区分けて3つです。

【bitFlyer(ビットフライヤー)の良い口コミと評判】

  • 他の取引所に比べ大幅な価格変動のリスクが少ない
  • 取引内容を選べば手数料を抑えられる
  • クレジットカードで簡単にコイン積立ができる

他の取引所に比べ大幅な価格変動のリスクが少ない

ビットフライヤー(bitFlyer)は何と言っても、 取引量・ユーザー数ともに、日本の取引所の中でNO1の仮想通貨取引所です。

取引所としてのサービス期間が他の取引所と比べて長く、大手企業等からの出資、セキュリティシステム、仮想通貨が紛失した際の補償サービス等による安心感や、テレビCMを放送しているこ となどからビットフライヤーを利用している人が多いのでしょう。

取引量が多ければ自分の仮想通貨を売りたい時や新しく仮想通貨を買いたい時に希望の価格で売り買いをすることが出来ます。

手数料や特典以外の、こういった点も、取引所を選ぶ際の大切なポイントと言えますね。

取引量が多いほど仮想通貨の価格は安定します。

なので、他の取引所と比べて大幅な変動によるリスクを抑えることができるのは大きいですよね。

取引内容を選べば手数料を抑えられる

bitFlyer(ビットフライヤー)で手数料を抑えるなら、「ビットコイン取引所」と「ライトニング 現物取引」での取引がオススメです。

その手数料は0.01% ~ 0.15%となっていて、取引直近30日 の取引量が多いほど手数料が安くなる仕組みです。

一般的に手数料が高いと思われているbitFlyer(ビットフライヤー)ですが、取引内容をきちんと選んでやっている人にとっては非常に使い勝手の良い取引所のようですね。

ビットコイン送付手数料も無料です。

クレジットカードで簡単にコイン積立ができる

相場が上下する株やFXと同じように、仮想通貨も価格が上下します。

一度に買い付けてしまえば、それが上がったり下がったりと毎日一喜一憂することになってしまいます。

また、いつも相場をチェックできない場合も少なくありません。 そんな場合に有効なのが毎月1定額を買いつけるコイン積立です。

毎月一定額を買い足していくことで、今月は10万円、来月は8万円でも、再来月は9万円でも、平均して9万円で買うことになります。

日々の価格変動を吸収しながらコインを増やしていくこと ができます。

bitFlyer(ビットフライヤー)でコイン積立をする場合は、クレジットカード購入で積立することになります。

銀行口座を作るなどの手間はほとんどかからず、クレジットカード情報を登録するだけで超簡単に始める事ができます。

また、ライトコイン、イーサリアムクラシック、ビットコインキャッシュの積立をしたい人は ザイフでは扱っていないいないため、これらのコインを増やしていきたいユーザーにはビットフライヤーがオススメです。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

bitFlyer(ビットフライヤー)へ登録する

bitFlyer(ビットフライヤー)の悪い評判や口コミまとめ

では一方で、悪い評判と口コミも大きく分けると3つです。

  • 場合によっては本人確認書類の到着が遅くなる
  • 注文が殺到するとサーバーが不安定になる
  • クイック入金後は7日間の資金移転制限がかかる

場合によっては本人確認書類の到着が遅くなる

bitFlyer(ビットフライヤー)で全ての機能を利用する為には本人確認を行い、確認済みである書類を受け取る必要があります。

bitFlyer(ビットフライヤー)では本人確認をしていない「ウォレットクラス」と、本人確認済の「トレードクラス」という2種類があります。

「ウォレットクラス」では取引する事が出来なかったりといった制限がかかり、ただ仮想通貨を預けておくといった状態になってしまいますので、確認書類はできるだけ早く欲しいところです。

このような事が起こる原因として、口座開設者の増加やbitFlyer(ビットフライヤー)側のミスが起こっている可能性があります。

2週間くらいたっても書類が届かない場合は、すぐに運営側に確認をとりましょう。

通常は申請後1週間前後で本人確認書類が届くのですが、場合によって2週間からなんと2ヶ月たっても書類が届かない、なんてケースも起きているようです。

注文が殺到するとサーバーが不安定になる

bitFlyer(ビットフライヤー)の欠点として、注文が殺到したときにサーバーが不安定になってし まうところです。

暴騰時や暴落時には全体的にサイトが重くなります。

ポジションを持っていないときならともかく、高レバレッジをかけているときに決済注文が通りにくくなるのは死活問題ですよね。

完全にサーバーが落ちることはありませんが、ある程度重くなるのは覚悟したほうがいいかもしれません。

クイック入金後は7日間資産の移転ができない

セキュリティ向上のため、クイック入金額相当の資産の移転は7日間制限されてしまいます (売買取引についてはこちらの制限はかかりません。)具体的にいうとクイック入金を使うと、

    • ビットコインを使う
    • 日本円の出金
    • 仮想通貨の送付

が1週間できないのです。

なので、もし、急いでビットコイン決済をしたいという方がいましたら、クイック入金ではなく銀行口座による入金をオススメします。

bitFlyer(ビットフライヤー)で知らないと損する注意点まとめ

bitFlyer(ビットフライヤー)の口コミや評判を集めてきましたが、最後にbitFlyer(ビットフライヤー)取引所を使う際の注意点をまとめます。

ぜひポイントを抑えて「ビットコインを使えない」「出金できない」などのトラブルに巻き込まれないように注意してください。

場合によっては本人確認書類の到着が遅くなる

bitFlyer(ビットフライヤー)は、本人確認書類が届かないとサービスをほぼ使う事ができません。

通常1週間で確認書類は届きますが、登録者が多かったり、bitFlyer(ビットフライヤー) 側のミスがあるといつまでも届かない・・なんて事が起こります。

もし2週間たっても確認書類が届かない場合は、すぐにbitFlyer(ビットフライヤー)に問い合わせて確認を取りましょう。

注文が殺到するとサーバーが不安定になる

bitFlyer(ビットフライヤー)の欠点として、注文が殺到したときにサーバーが不安定になってしまうところです。

暴騰時や暴落時には全体的にサイトが重くなり、注文が通りにくくなる事があります。

これは、どの仮想通貨取引所を使っても同じ条件ですが、bitFlyer(ビットフライヤー)取引所を使う場合にも注意深く見守っていきましょう。

クイック入金後は7日間資産の移転ができない

bitFlyer(ビットフライヤー)のクイック入金には、1週間の資金移動制限がかかってしまします。

もし、急いでビットコイン決済をしたいという場合は、クイック入金ではなく銀行口座による入金をオススメします。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

bitFlyer(ビットフライヤー)へ登録する

-bitFlyer

Copyright© BitWeather , 2018 All Rights Reserved.