BANKERA

BANKERA(バンクエラ)の買い方|日本円やBTC/ETH/XEMを送金し購入する方法

更新日:

ブロックチェーンと銀行サービスを融合させた全く新しいプラットフォームであるBANKERA(バンクエラ)

現在ICO(Initial Coin Offering:新規コイン売り出し)といって、株式で言うところの株式公開前手続き中というところです。公開後の価格高騰への期待感も相まってにみるみると評判や評価が上がっていっているようです。

BANKERA(バンクエラ)はほかの仮想通貨と何が違い、何が僕たちにとってお得なのか、その手に入れ方は?値上がりが期待されるICOの行方は?その期間は?といった内容を徹底的に調べてみました。

ぜひあなたの仮想通貨選択にお役立てください。

仮想通貨の銀行BANKERA(バンクエラ)とは?

Bankera(バンクエラ/通貨単位:BNK)とは、「仮想通貨の銀行」をコンセプトとしたプラットフォームです。

従来、仮想通貨の世界にはウォレット(お財布)しかありませんでした。
コインチェック、Bitflyer、GMOコイン、Zaif(ザイフ)などいずれも取引所がユーザー向けに貸し出しているウォレット(お財布)に、コインを入れて取引している、というのが正しい理解です。

こういった財布しかない世界で、預金やローン、支払い、投資といった銀行業務をできるようにしよう、というコンセプトでつくられたのがBANKERA(バンクエラ) です。

本格的な銀行業務を担おうと、今も進化しており、現実のお金(法定通貨)や金(きん)にも対応する動き、主要な管轄地域での銀行ライセンスを獲得する動きまで見せています。

銀行と異なるのは、中継銀行への依存から脱却できる点。人的リスクを回避して、国をまたいでの低い為替レートでの取引が可能になります。

そういったコンセプトのプラットフォームを立ち上げるにあたっての資金調達手段としてICO(Initial Coin Offering:新規コイン売り出し)が2018年2月現在、開催中、というわけ。期間限定・数量限定の先行者利益獲得競争中、といった感じです。

BANKERA(バンクエラ)のトークン(Banker)を所持する、ということは銀行の株主と同様、BANKERA(バンクエラ)に投資する投資家の一員になる、ということです。

通常の仮想通貨のICOは、値上がりと公募価格との差益で儲ける、というモデルですが、Banker所有者には、トークン入手のほかに株主配当のようなお得な特典が用意されています。

詳しいことは、後でお話しますね。

BANKERA(バンクエラ)トークンの買い方|日本円で購入する方法

現在、BANKERA(バンクエラ)トークンを日本円で購入することはできません。

BANKERA(バンクエラ)への入金は、クレジットカード・銀行・E-moneyで受け付けていますが、日本円からの入金は全てのボタンがグレーアウトして押せなくなっています。

ただし、BANKERA(バンクエラ)のアカウント「ウォレット・アカウント」「ご入金オプション」には、JPYの表示がしっかりとあるので、今のところは準備中のようです。

※日本円での買い方は追記していきます。

BANKERA(バンクエラ)トークンの買い方|BTC/ETH/XEM送金で購入する方法

今のところ日本円での入金ができないため、BANKERA(バンクエラ)トークンを手にいれるにはビットコイン(BTC)・イーサリアム(ETH)・ネム(NEM)など、ほかの仮想通貨で購入する必要があります。

具体的な買い方は以下の5つのSTEPです。

  1. 国内の仮想通貨取引所へ登録する
  2. 登録した取引所で仮想通貨(BTC・ETH・XEM etc)を購入
  3. SpectroCoin取引所に登録し、送金受け取り用アドレスを生成
  4. 国内取引所からSpectroCoin取引所へ仮想通貨を送金
  5. SpectroCoin取引所でBanker(BNK)トークンを購入

既に国内の取引所へ登録を済ませている方は、こちらからSpectroCoin取引所へ登録をしてください。

1.国内の仮想通貨取引所へ登録する

国内の取引所へ登録が済んでない場合は、まずは国内の取引所へ登録しビットコイン(BTC)・イーサリアム(ETH)・ネム(XEM)などの仮想通貨を購入します。

実際に取引所で取り引きができるようになるには本人確認などが必要なため、登録が完了するまでは少し時間がかかってしまいます。

そのため、まずは国内の仮想通貨取引所へ優先的に登録を済ませておきます。

上記リンクから、日本国内のおすすめの取引所の登録方法を解説しています。

2.登録した取引所で仮想通貨(BTC・ETH・XEM etc)を購入

国内の取引所へ登録を済ませたら、SpectroCoin(スペクトロコイン)で取り扱われている仮想通貨を購入します。

何を買うか迷ったらビットコイン(BTC)・イーサリアム(ETH)がおすすめです。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ネム(XEM)
  • ダッシュ(DASH)

3.SpectroCoin取引所に登録し、送金受け取り用アドレスを生成

Bankera(バンクエラ/通貨単位:BNK)は、海外の仮想通貨販売所であるSpectroCoin(スペクトロコイン)によって管理運営されています。

取引所への登録が終わったら、BANKERA(バンクエラ)のICOに参加して、トークンBanker(BNK)を手に入れることができます。

少なくともICO期間中は、SpectroCoin(スペクトロコイン)取引所のみでトークンBanker(BNK)を買うことができるため、SpectroCoinへの登録は必須となります。

SpectroCoin取引所で送金受け取り用アドレスを生成する

4.国内取引所からSpectroCoin取引所へ仮想通貨を送金

SpectroCoin(スペクトロコイン)の登録が済んだら、国内の取引所からSpectroCoin(スペクトロコイン)取引所へ仮想通貨を送金します。

SpectroCoin取引所へ仮想通貨を送金する

5.SpectroCoin取引所でBanker(BNK)トークンを購入

最後に、SpectroCoin(スペクトロコイン)取引所でトークンBanker(BNK)を購入します。

SpectroCoin取引所でBanker(BNK)トークンを購入する

BANKERA(バンクエラ)ICOの残り期間や終了はいつまで?

現在開催中のBANKERA(バンクエラ)ICOは、ICOスタートから毎日1400人以上が登録しており、先日ついに登録者が50万人を超えたそうです。

プレICOでは上限であるおよそ30億円が完売した実績があり、日に日に期待感の高さをうかがえます。

しかし、このお得なBANKERA(バンクエラ)ICOも残り期間はあとわずか…Bankerトークンが完売するか、2018年2月末で終了する予定してしまいます。

BANKERA(バンクエラ)は、今回のICOで200億円の資金調達を予定しており「投資家ポジション」を獲得したい方は、この機会を逃さずいち早くBankerトークン(BNK)を手にいれてくださいね。

BANKERA(バンクエラ)の買い方まとめ

さて、いかがだったでしょうか?
「仮想通貨の銀行」というコンセプトのプラットフォーム BANKERA(バンクエラ)

ICOによる額面高騰以外にも、週単位の配当という特典は、中期的な投資を考えている人にぴったりの選択肢ではないでしょうか。

BANKERA(バンクエラ)のトークンを手にいれるには、ビットコインやイーサリアムなど、ほかの仮想通貨を持っておく必要があります。

まずは、他の取引所へ登録して、取引できる仮想通貨を購入しましょう。

⇒Zaif(ザイフ)への登録はこちら

⇒Bitflyerへの登録はこちら

⇒GMOコインへの登録はこちら

取引所への登録が終わったら、BANKERA(バンクエラ)のICOに参加して、念願のトークンBanker(BNK)を手に入れましょう。

他の取引所への登録がお済みの方は、Bankerのウォレット(お財布)となる SpectroCoin に登録する必要があります。SpectroCoin への登録は別の記事でステップバイステップで解説しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

-BANKERA

Copyright© BitWeather , 2018 All Rights Reserved.